包茎手術の方法や種類とは?どのように行うのか?

包茎手術の種類は1つではなく、方法の違いによっていくつかに分けられます。クリニックによってもどんな方法を採用しているかが違っていたりするのでまずはその違いを知っておきましょう。

 

亀頭直下埋没法

 

包茎医

現在、もっとも採用されている主流な方法がこの亀頭直下埋没法です。亀頭の溝のようになっている部分、いわゆるカリのすぐ下にある皮を切除し、そこで縫合することで包茎を改善できます。なぜ亀頭直下埋没法が主流となっているのか、それは多くのメリットがあるからです。

 

まずカリのすぐ下で縫合することになるので傷跡が目立ちにくく、包茎手術したことが他人から見た場合にほとんどわかりません。包茎手術をした男性はそのことを知られたくないと考えるケースがほとんどですからこれは大きなメリットになります。傷跡が目立ちにくいということは縫合した部分も目立たないので包茎手術にありがちな縫合部分と周囲の肌の色が違うツートンカラーになることも少なくなります。

 

つまり見た目において非常に自然な仕上がりになる形です。多くのクリニックで採用している方法なので手術をする医師も亀頭直下埋没法の経験を積みやすく、その意味で成功率が高く安心して手術を受けられるというメリットもあります。医師側にも患者側にもメリットがあるからこそ主流な方法になったわけです。

 

その他の方法について

 

すべてのクリニックが亀頭直下埋没法を採用しているわけではなく、亀頭直下埋没法を採用しつつも他の方法も採用しているクリニックもあります。たとえばVカット小帯温存法という方法はVの字に皮を切除することで性感帯である小帯という部分を切らずに包茎を治療できます。性感帯がしっかり残るので感度が落ちてしまうリスクがなく、亀頭直下埋没法と組み合わせて使われるのが一般的です。

 

この他にも亀頭近くの皮ではなくペニスの根本部分の皮を切除する根部環状切除という方法や、体の中に埋まっているペニスの根元部分を引っぱり出すことでペニスのサイズアップを図り包茎を治すという埋没陰茎矯正術という方法もあります。包茎手術には実に多くの種類があり、その方法もそれぞれで違うことがわかります。

 

包茎手術を受ける時はまずどんな方法で治療するのかを考えなくてはなりません。クリニックの医師とよく相談し、どの手術がベストなのかを一緒に考えましょう。クリニックによっても手術の方法は違うので自分が希望する方法を採用しているクリニックを見つけることも大切です。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング