カンジタの感染経路や症状、治療法

カンジダは性感染症の1つとして有名ですが、実は性感染症ではありません。しかしながら性行為によってパートナーへと感染することが多いことから、性感染症の1つとして考えられているようです。ちなみにカンジダは女性特有の感染症と勘違いしている人も多いのですが、実は男性でも発症する疾患なので注意してください。

 

カンジダはどんな性感染症なのか知ろう

 

カンジダの原因となるのは真菌です。真菌とはそもそも人間の皮膚に存在する常在菌の1つになります。常在菌というように、人間の皮膚にはカンジダを発症する真菌が常に存在している状態で、これらをすべて駆除することはできません。ただ、常在菌として人間の身体と共存していることからも分かりますが、病原性はかなり低いのです。

 

しかし、月経などでホルモンバランスが崩れてしまったり、免疫力が低下するなどのことがあれば、増殖してしまい症状を発症します。特に女性の場合は膣内を不潔にしていることでも発症しますので注意しておきましょう。感染経路しては先述の通りに性行為からパートナーへとうつることがほとんどです。ですが、コンドームを使用することで高い確率で予防することができるでしょう。

 

カンジダの症状にはどんなものがあるの?

 

カンジダの症状として代表的なものが女性における膣内の痒みです。この痒みにしても個人差があるようですが、時にはまともに歩けないほどの痒みを発することもあります。また、チーズ状のオリモノが出たり、性交時や排尿時に痛みを感じるそうです。

 

男性の場合は陰部に感染すると尿道炎を起こす確率が高くなります。喉に感染することもあり、この場合は口の中の皮がはがれたり、白斑がでることもあるようです。男性の場合は自覚症状に乏しいことがほとんどで、感染していても気づかないことがあるので注意してください。

 

カンジダの治療はどう行うの?

 

カンジダの治療としては抗真菌薬を用いるのが一般的です。軟膏になっているタイプのものが市販されており、医療機関へ行かずとも治療することはできます。ただし、症状が重症化しているような場合は膣洗浄を行ったり、投薬をすることもありますので医療機関へ足を運んでおいた方が良いでしょう。

 

市販の痒みどめを使って治療するという人もいるのですが、カンジダの場合は効き目がないことも多いです。市販薬を使うにしても基本的には専用の抗真菌薬を使うようにしてください。男性の場合は真性包茎の人ですと感染確率が高くなるとされており、治療方法も基本は軟膏を塗ることで対処するそうです。

 

一般的に治療期間は1週間ほどかかりますが、この期間を過ぎても症状が治まらないのであれば別の性感染症に罹患している可能性もあります。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング