国によって仮性包茎の価値観が違う

日本人は仮性包茎だと男として恥ずかしいと考える人が多いと思うのですが、国が変われば仮性包茎に対する価値観も変わります。実は日本のように仮性包茎を恥ずかしいと捉える国は少ないのです。

 

仮性包茎は自然な姿?

 

ナチュラルペニス

海外、特にヨーロッパ諸国では仮性包茎のペニスをナチュラルペニスと呼ぶことがあります。ナチュラルとは「自然な」という意味がありますから自然なペニスという意味になります。つまりヨーロッパでは仮性包茎はおかしなことではなく、むしろ男として自然な状態だと認識されているわけです。仮性包茎であることが自然な姿なのですから当然恥ずかしいという意識もなく、仮性包茎でも堂々と人前でペニスを露出する人がほとんどです。

 

また、国によっては産まれてすぐ、子供のうちに余分な皮を切除してしまう割礼が盛んに行われていますがこれは仮性包茎を改善するというよりは真性包茎を予防することで不衛生な状態にならないように、という意味が込められています。その割礼も現代では行われることが減っており、やはり仮性包茎の男性が増加傾向にあります。

 

海外では衛生上の問題がほとんとない仮性包茎はごく当たり前のことで、日本のように恥ずかしい、情けないと捉えることの方が少ないのです。驚くべきことに海外では皮が完全に剥けた状態のペニスを仮性包茎の状態に戻す手術が行われることまであり、一定の人気を集めています。

 

これは仮性包茎の方がペニスの感度が良く、性行為の時に高い快感を得られるからというのが理由です。性に積極的な海外らしい発想ですがそれほど仮性包茎に対する価値観が日本とは違うとよくわかります。

 

手術をするべきかどうか

 

海外では自然な姿とは言え、日本ではまだまだ仮性包茎に対する偏見は濃く、仮性包茎で嫌な思いをした男性も多いはずです。仮性包茎は入浴時にペニスをしっかり洗ってさえいれば清潔に保てますので病気などにリスクはほとんどありません。

 

健康面では手術をする必要性は薄いのですが、日本人の仮性包茎に対する価値観を考慮するとコンプレックスの解消や悩みの解消のために手術をするのも良い方法であることは間違いありません。海外のような考え方が定着すればいいのですが現状それは難しく、まだまだ時間がかかるでしょう。

 

であれば思い切って仮性包茎を手術で治してしまった方が毎日の生活を楽しく送れるようになるかもしれません。あせって手術をする必要はありませんが、もし自分が仮性包茎で辛い思いをしているなら手術は良い選択になります。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング