包茎手術の方式・亀頭直下埋没法と呼ばれる種類について

包茎手術の方式の1つに、亀頭直下埋没法と呼ばれるものがあります。現在では一般的な方法になりつつある亀頭直下埋没法ですが、いったいどんな手術になるのでしょうか。

 

亀頭直下埋没法での治療とは?

 

包茎手術はどんな方式であれ余分な皮を切除するのが基本となります。亀頭直下埋没法も同様で、まずは余分な皮を切除するところから始まります。この点は他の方式と同じと考えていいのですが、切除が終わった後の縫合に亀頭直下埋没法の特長が隠れています

 

他の手術では亀頭の数センチ下のところで縫合をすることが多いのですが、亀頭直下埋没法は亀頭のすぐ下、つまりカリの部分で縫合を行います。これによって縫合の跡、つまり手術跡がカリに隠されるようになり、手術跡が目立たなくなります。

 

これが亀頭直下埋没法の最大の特長で、手術跡を目立たないようにしたい男性にとっては非常に便利な手術です。縫合の位置を少し上に持ってきているだけですがその違いは大きく、現在では主流の手術方式になっているのです。

 

手術跡を境に皮の色が違う、いわゆるツートンカラーになってしまうことが包茎手術の問題点でしたが、それを克服した形です。

 

亀頭直下埋没法のメリット・デメリット

 

上記でも紹介したように、手術跡が目立ちにくいのが最大のメリットですが、他にもメリットはあります。多くのクリニックで採用している方法なので、誰でもこの亀頭直下埋没法での包茎治療がしやすいという点です。

 

日本全国の多くのクリニックで亀頭直下埋没法を利用できますから、お住いの地域などに影響されず、手術跡を目立たせないようにしながら包茎治療が行えます。

 

ただ、費用が少し高めというデメリットや、皮を切除する手術である以上、失敗のリスクもあるというデメリットも考慮しないといけません。メリットとデメリットを両方理解したうえで、自分に合っている手術なのかを考えるようにしましょう。そうすることで失敗の可能性を下げられます。

 

亀頭直下埋没法は手術跡を目立ちにくくできる優れた手術です。ただしメリットだけでなくデメリットも把握しておかないと、予期しないトラブルに発展してしまうこともあるので注意しましょう。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング