高齢者にとっての包茎手術はどんな意味を持っているの?

高齢者の方でも包茎手術を受けた方、受けたいと考えている方は少なくありません。では高齢者にとって包茎手術はどんな意味を持つのでしょうか、そこには若い世代とは少し違う意味が隠されているようです。

 

高齢者

 

若い世代と高齢者の違いとは?

 

若い世代の男性の場合、包茎手術を受ける理由はさまざまですが、理由の1つに機能面の問題があります。仮性包茎なら問題ありませんが、真性包茎やカントン包茎だと正常な性行為が難しくなることもあり、パートナーと性行為を楽しむためにも包茎を治療する必要があります。

 

一方で高齢者は若い世代と比較すると性行為をする機会は非常に少なくなっており、性行為のための機能面を理由に包茎手術をすることはあまり多くないのです。ではなぜ包茎手術をするのか、高齢者といっても男であることには変わりなく、ずっとコンプレックスだったという方もたくさんいます。

 

男としての自信を取り戻すために包茎を治療したい、老けてきた今だからこそ包茎手術をしたい、そう考える男性も多いのです。こうした考え方は若い世代にはほとんど見られないことで、年齢を重ねた高齢者だからこそと言えるでしょう。年齢に関係なく、男ならみんな多かれ少なかれ包茎手術をして治療したいと考えているというわけです。

 

今後の生活を考えて

 

高齢者が今後の生活を考えるうえで欠かせないのが介護という問題です。病気などで介護が必要になり、家族以外の人に介護される方も現代社会では珍しくありません。介護されている生活の中では、裸を介護士に見られることも多く、その時に包茎だと恥ずかしいと感じる男性も多いようです。

 

将来のことを考えて今のうちに包茎手術をしておこう、そんな意味もあるのです。やはりいくつになっても男性は男性で、同じような悩みを抱えていることがよくわかります。

 

たとえこれまで包茎手術をしていなくても、高齢になってから包茎を治療したいと感じることは少なくないのです。高齢者にとっても包茎は悩みの1つで、将来悩まないためにも早めに手術をすることも検討すべきでしょう。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング