自分で包茎を治す方法(絆創膏・接着剤・パッキン・ヘアゴム・矯正器具など)

包茎に悩む男性は非常に多く、そうした男性たちの中には自分で包茎を治そうと努力する人もいます。包茎治療の方法は手術が一般的ですがそれ以外にもさまざまなグッズを使った方法があるのです。

 

自分で包茎を治す方法とは?

 

自宅治療用具

自分で包茎を治す場合、余分な皮を切除することは無理ですから基本的には皮がいつも剥けている状態にする、いわゆる剥き癖をつけることになります。そこで使用されるのが絆創膏や接着剤、ヘアゴム、矯正器具などです。

 

どれも原理は同じで、絆創膏なら皮を剥いた状態でそこに絆創膏を張り皮を固定、接着剤なら皮と皮を接着させて剥けた状態に固定、ヘアゴムはぐるぐる巻きにすることで固定、矯正器具は特殊な器具で皮が剥けた状態で固定するといった感じです。

 

どれを使うにしてもとにかく皮を剥いた状態で固定してしまい、そのまま放置することで皮が戻らないようにするわけです。たしかに剥き癖がつけば包茎が治ったと言えるでしょうが実際にこれらのグッズで剥き癖がつくことは少なく、そもそもこうしたグッズは仮性包茎でしか効果を期待できないので真性包茎やカントン包茎の治療には使えません。

 

また、矯正器具の中にはパッキンを使ったポンプ式のものがあり、これはペニスを吸引することでサイズアップを目指し、ペニスを大きくすることで皮が剥けやすくする仕組みです。いずれにしても効果には疑問が残り、決して良い方法とは言えないでしょう。

 

自分で治す方法には危険性も

 

こうした方法は安全性という意味でリスクがあります。たとえばヘアゴムで皮を固定する方法はペニスを強く圧迫することになるので血流が悪くなります。十分な血液がペニスに送られなくなれば最悪の場合、勃起能力の低下も考えられます。矯正器具は使うことでペニスに傷が付いてしまう可能性がありますし、絆創膏や接着剤も安全性が高いとは言い切れません。

 

どれも大きなリスクを抱えることになる方法なのです。包茎を治したい、これは男なら多くの人が感じることですが間違った方法を選んでしまうとトラブルの原因になってしまいます。たしかに自分で治せるなら誰にも知られませんし便利なのですが、それは難しいのが現状です。

 

本気で包茎治療を考えるならまずはやはりクリニックでの手術を検討するべきでしょう。安全性も高く、効果も十分に期待できます。費用は自分で治すよりも高くなってしまうかもしれませんが、安い費用でも効果が見られずしかも危険があるなら結局は高い買い物になってしまいます。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング