淋病の感染経路や症状、治療法

淋病とは正確には淋菌感染症と言います。男性が罹患する性感染症の代表的なものであり、名前だけは知っているという人も多いのではないでしょうか。ちなみに淋病という名称は罹患した男性が排尿をするときに、ポタポタと垂れ落ちてしまう様子を指して、泣いているように見えるところからつけられたそうです。

 

淋病ってどんな病気なの?

 

淋病とは淋菌に感染することで発症する性感染症です。感染経路としては性行為がほとんどで、罹患者と性行為を1回すれば3割の確率で感染するとされるほど感染力があります。また、淋病に感染している人の2割から3割はクラミジアにも同時感染しているとされており、厄介な病気だと言えるでしょう。

 

現在、感染経路として最も多いのが性風俗店でのオーラルセックスによるものとされていますので、十分に注意してください。オーラルセックスだけではなく、性行為全般で感染することがわかっていて、粘膜同士の接触だけではなく、精液や膣内分泌液からも感染するそうです。

 

妊婦さんの場合は罹患した状態で出産すると母子感染をしますので、妊婦健診はしっかりと受けておきましょう。他にもタオルの使い回しから感染するとの報告もありますので、注意しておくべきです。

 

淋病の症状はどんなものがあるの?

 

淋病の症状として良く知られているのが男性器から膿がでたり、排尿痛があることです。尿道口からかなりの量の膿がでますので、パンツが汚れることがあります。男性の病気と思われがちなのですが、実は女性にもしっかりと感染するのが淋病です。

 

ただし、女性の場合は感染しても無症状であることが多く、オリモノが増量する程度の自覚症状しかありません。ですので、女性の場合はとても気づきにくいといって良いでしょう。このことから放置してしまいがちなのですが、それが原因となって不妊症になる可能性もあるそうです。

 

また、淋病は男女問わずに喉にも感染することがあります。オーラルセックスから感染するのはこのためなのですが、喉に感染した場合は無症状であることがほとんどです。まれに喉に痛みを発することがある程度で、風邪かと間違えるケースも少なくありません。

 

淋病はどうやって治療をする?

 

淋病の治療としては抗生物質の投与を行います。一般的な淋菌ですと、1週間程度の注射で完治するそうです。症状が軽症なら1度の注射ですむこともあります。しかし、中には抗生物質に耐性のある淋菌があり,このタイプに感染すると勘違難しくなるようです。注射と平行して治療薬の服用も行われていくのですが、医師の指示通りに服用しなければ完治しない可能性が高くなってしまいます。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング