性器ヘルペスの感染経路や症状、治療法

性器ヘルペスは治療が難しい性感染症の1つです。一度感染してしまいますと完治させにくい疾患ですので、正しい知識を得て予防していくことが大切だと言えるでしょう。

 

性器ヘルペスはどこから感染するの?

 

基本的に性器ヘルペスは性行為から感染します。風邪などのように飛沫感染をすることはないので安心してください。ある統計によると、性器ヘルペスがパートナーへと感染する確率がおよそ7割ほどあるそうです。かなり感染の割合が高い疾患ですので、仮に性器ヘルペスだと疑いがあるのなら、パートナーとともに検査を受けた方が良いでしょう。

 

また、性行為だけではなく口唇(こうしん)ヘルペスに罹患しているパートナーとオーラルセックスを経由して性器に感染することもあります。自身が口唇ヘルペスであり、その患部を触った手で性器に触れることで性器ヘルペスが発症することもあるので注意してください。他にもヘルペスの罹患者が使用したタオルや便座などから感染するケースもあるそうです。妊婦さんの場合は母子感染の危険性もありますので、出産時には帝王切開が推奨されています。

 

性器ヘルペスの症状や特徴は?

 

性器ヘルペスの症状としては男性の場合は患部の表面に痒みを感じます。そこから数日で赤い発疹水ぶくれのようなものが現れ、最終的にはそれが破れて潰瘍ができるのが代表的な症状です。その後、強い痛みが出たり、発熱することもあり、太もものリンパ節が腫れや痛みが出るでしょう。

 

患部としては男性器全体に出ることの他、太ももや肛門周辺にも発症することがあります。女性の場合は外陰部と膣口、おしりに患部が多いです。稀にヘルペスウィルスが子宮頚管や膀胱まで感染することがあります。基本的に初めて感染した場合は症状が軽く、治療期間も短くてすむそうです。

 

しかし、性器ヘルペスは非常に再発をしやすい性感染症であり、1年以内に再発をする可能性が8割以上もあります。理由としてはヘルペスウィルスそのものを体内から除去するのが難しいからです。そのため一度は鎮静したとしても免疫力が低下から再び発症してしまいます。

 

性器ヘルペスの治療方法はどうするの?

 

性器ヘルペスの治療は原因となるヘルペスウィルスの増殖を抑制するための内服薬を使用します。また、比較的に症状が軽い場合は軟膏を患部に塗布することで対処するそうです。逆に症状が重い場合は入院をして点滴治療をするケースもあります。内服薬や軟膏を使用しての治療の場合、およそ5日から10日ほどで患部の症状が治まることが多いそうです。が、先述の通りに現在の医学ではヘルペスウィルスを体内から駆逐することができないので、しっかりと予防することが重要でしょう。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング