包茎手術での失敗例とは?

包茎手術は比較的簡単とはいえ外科手術なので失敗のリスクはどうしても出てきます。失敗例としてどんなものがあるのか紹介していきます。

 

見た目が悪い

 

うなだれる男性

これは包茎手術の失敗例としてもっとも多く代表的な失敗です。包茎手術とは基本的に余った皮を切除し亀頭部分が露出されるようにする手術です。そのため傷跡が残ってしまうのですがその傷跡をいかに目立たせないか、これが重要になります。経験豊富な医師であれば術後も傷跡がほとんどわからないくらいの仕上がりにしてくれるのですが、経験の少ない医師や手術にミスがあれば傷跡がはっきりと残ってしまうことがあります。

 

つまりペニスを見た時に包茎手術をしたことが一目でわかってしまうのです。せっかく手術で包茎を治したのに以前包茎だったことがバレてしまう、これは男にとってはかなり嫌なものでしょう。また、傷跡が目立たないとしても皮を切除した部分だけ周囲と肌の色が違い、いわゆるツートンカラーになってしまうケースも見られます。

 

これもやはり見た目には不自然なため包茎手術したことがわかってしまいます。このように包茎は改善されるものの見た目の問題が残ってしまうことがあり、失敗例として知られています。

 

機能面での問題

 

数は少ないものの見た目の問題以上にデメリットがあるのが失敗による機能面への影響です。たとえば皮を切除しすぎたことで勃起すると皮が突っ張って強い痛みを感じるようになってしまった、性感帯にあたる部分まで切除してしまったことで感度が低くなってしまった、などが挙げられます。こちらはペニスの状態に直接影響を与える失敗なので非常に深刻で、再手術をしても元の状態に戻るという保障がありません。

 

良かれと思ってした包茎手術で取り返しのつかない事態になる可能性もあるのです。もちろんクリニックではこうした失敗がないよう細心の注意を払っており、失敗が頻繁に起こるわけではありません。ただ、包茎手術にはこんなリスクもあるんだということを把握するのは大切です。リスクも踏まえたうえで手術をするべきかを考えるべきだからです。

 

そして手術を受けるなら自分が安心して任せられる信頼性の高いクリニックを探しましょう。インターネットを使えば各クリニックの情報を知ることは簡単ですし、手術をどのように行うのか、安全面への配慮はどうなっているのかなども調べられます。包茎手術の成功率は非常に高いですが100%とは限りません。後で後悔しないためにも正しい知識と優れたクリニック選びが重要です。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング