トリコモナスの感染経路や症状、治療法

トリコモナスは性行為以外でも感染のリスクがある性感染症の1つです。女性に多い疾患だとされているのですが、実は男性にも感染します。ちなみに女性の場合は膣トリコモナス症、男性の場合はトリコモナス症と呼びます。

 

トリコモナスはどんな病気なの?

 

トリコモナスの原因は目に見えないほどの大きさの虫に感染することです。この虫、正確にはトリコモナス原虫と呼ばれるものが性器の中に入り込むことで炎症を起こします。性行為で感染することが多いのですが、罹患者が使用した下着やタオル、便座、浴槽から感染することもあるそうです。

 

ですので、仮に家庭内で罹患者が出た場合は性経験のない幼児にも感染する可能性があるので注意しておきましょう。性行為での感染についてはコンドームを使用しないことが原因です。

 

トリコモナスはどんな症状が出るの?

 

トリコモナスの症状は男性と女性で異なります。また、およそ2割から5割程度の人が感染をしていても症状がでないそうです。基本的に女性の場合は膣や子宮頚管、膀胱や尿道に感染することで、オリモノが増加したり臭いがキツくなるのが一般的です。他にも外陰部や膣が炎症を起こすことで痒みや痛みを感じることがあります。

 

無症状の場合はなかなか気づきにくいのですが、そのまま放置しておくと不妊症や早産、流産のリスクが高まるので注意が必要です。一方で男性の場合はほとんど症状がでないのが特徴になります。稀に尿道炎の症状が出ることがあり、軽い排尿痛なども起こるそうです。

 

尿道だけに感染しているケースですと排尿でトリコモナス原虫が洗いながされる可能性もあります。尿道以外にも感染場所としては前立腺や精嚢があり、この場合は前立腺炎などを引き起こすかもしれません。

 

トリコモナスの治療はどうするの?

 

トリコモナスの治療では男女ともに抗トリコモナス剤を服用するのが一般的です。ただし、女性の場合は膣錠を1日1回自分で挿入することもあります。この抗トリコモナス剤ですが、アルコールとの飲み合わせが悪いことでも有名です。服用中にアルコールを飲用してしまうと、非常に悪酔いをするとされていますので、できるだけ治療期間中は禁酒してください。

 

治療期間は10日ほどなのですが個人差もあるので、自分で判断しての服用中止は避けるようにしましょう。特に女性の場合は治療後の月経を経た後に再度検査した方が良いそうです。トリコモナスに感染することで膣内の自浄作用が低下してしまいますので、別の性感染症やカンジダなどに罹患しやすくなるので、他の検査も受けた方が良いかもしれません。

■当サイト経由で申込が多い包茎クリニックランキング
1位:ABCクリニックOFFICIAL
2位:上野クリニックOFFICIAL
3位:東京ノーストクリニックOFFICIAL

包茎ランキング